ひろみの田舎暮らし

冬支度(1)

冷たいが吹き、落ち葉が 舞う季節になると、
ミニトマトハウスの支度が始まります。

マルチ張り 加温機ダクトの設置に続いて

ハウス天井部分にビニール(二重カーテン)を張りました。



内側カーテンを張ることで、
断熱効果が高まり、暖房費の節約になります。

結果、経費削減につながり
消費者の皆様にお安く提供できるのでーす。

日中は、日照量を増やして
光合成を促すために



こんな感じで、巻き上げておきます。

ハウスの支度は、
収穫管理作業と平行して進めているので
今月いっぱいはかかりそうです。

やはり農業は体力ですね〜

40K以上のビニールを50Mも引っ張っていく
ダーリンは、
さすがの一言です。頼りになりまーす。

さてさてのろけ この辺にして

今日のランチに作ったのは・・

ミニトマト出荷開始!

千果果実が濃いに〜



今週からチカ収穫 出荷しておりまーす。

アイコはこちら〜



チカよりきい分・・収穫は、土曜かなぁ・・

しかし、最近トマト高値が続いてますねっ
沢山の方に食べてもらいたいので
お安く提供できるよう
頑張りまーす。

さて、さて、


ダクトを設置

ミニトマトハウスの加温機にダクトを設置しました。

枝ダクトの配置長さ穴の大きさ穴の数
ハウス内の空気の流れなどを考慮して、

燃料効率上がるように

ダーリンが 設計した、設置図をみながら
ダクトにダクトを取りつけていきます。

切り抜き用の板を使い、ダクトにダクト用のをあけて



ホッチキス
枝ダクトをとめていきます。



ダクトコネクタを買うと、簡単に設置できるけど
コネクタは、収穫時に邪魔になることもあるし、
経費削減にもなるので、ホッチキスで〜

しつこいようですが、
ワタクシ・・こういう細かい作業★好きなんです。



後は、
枝ダクト本のそれぞれに送風用の穴をあけて
これで、ダクト設置はでーす。

プリファード水和剤

ミニトマトに付く害虫として
最も有名厄介なのが、コナジラミ



体長わずか0.8mm白い虫で、
繁殖スピードが非常に早く、大量発生してしまうと

がみるみる黒ずんでいく「黄化葉巻病」が発生し、
大変なことに

わが農園では、コナジラミ対策として

1.ハウス内外の雑草を徹底的に除去
2.0.3*0.4目合いの防虫ネットを展張



 目合いが!狭いこのネットは、風の通りが悪く、高温期での農作業が大変

3.黄色粘着フィルムをハウス内に展張!などで対策していますが



育苗センターミニトマト苗に付いているので
コナジラミ
の侵入を防ぐことはできず・・

やはり、を散布しないことには

けど・・魚類や植物に対して病原性毒性がある
化学農薬は極力使いたくはない

幸い、コナジラミほとんど見られない!ことだし

環境への負荷が小さい「環境保全型」の生物農薬である
微生物殺虫剤を使うことに。。

けど、この微生物殺虫剤は、人体・環境に配慮した分
薬代かなーーり高く、使用する時間前に準備をするなど

化学農薬とは使い勝手がちょっと違う!ので
薬の特徴をよく理解して使う必要があります。

これな〜んだ?



 
pFメ−タ(テンシオメ−タ)と言って
土壌 分の吸引力を測定し、直接pF表示するメ−タですが

作物の灌水の目安土壌分管理に役立ちます。

昨年までは、15〜25cm掘ってみて、確かめていたのですが
今年からは、pFメ−タのお陰で
簡単に土の水分を測定することができまーす。

さて、さて、

今日は、ご近所さんから沢山いただいたナス
オリーブに漬けました。



ナスは、皮のまま輪切りにして、ボウルに入れ、
粗塩をして重しをのせて6〜12時間おきます。

※皮の嫌いな方は全部むいてくださいね〜

鍋にワインビネガーワインを入れたところへ、
水気をしぼったナスを入れ、3分ほど茹でます。

ナスを取り出し、よくしぼり、布巾の上で乾かします。

熱湯消毒した保存ビンに、空気を入れないように
少し押しながらなすを入れ、オイルを入れる!を
繰り返します。

お好みでオレガノニンニク・鷹の爪を入れても
GOOD!ですよ〜

1ヶ月ほどねかせたら、ハイ!召し上がれ〜

っと言いずつ、漬けたその日に味見をして
少し食べてしまった、ひろみでしたっつ


定植後32日!

ぼんじゅーる(マイブーム)

3連休ですか

今月もお休みなしで
ハウスの中で汗を流していたひろみでーす。ブヒー

定植後日たちました。
高さがセンチになり



アイコの実もこんなに〜




午後のおやつには
生駒高原りんご園のB品・りんごをもらったので
焼きりんごを作りました。

ででん



芯をくり抜いたりんごの中に
バター・はちみつ・ブランデーを注いで

シナモン、少々をふりかけたら
180℃のオーブンで30〜35分焼くだけ〜

食べてばっか★のひろみでしたっ。では

定植23日目!

植して日目!

これは第1果房の様子です。小さいけれど、実がついていまーす。



しかし・・今日も暑かったですね〜
はやく涼しくなーれ

夏バテ対策メニューではないけれど、
冷蔵庫の中にあったしゃぶしゃぶ用の豚肉で
とんかつ
を作ってみました。



うすーい豚肉を三枚重ねにして、
あとは、小麦粉・たまご・パン粉の
お決まりコースで衣をつけて、揚げます。

三枚重ねのすきまに空気が入って、ふわーっ柔らか〜

ハープパン粉
だと、ぐんとレベルが
ハーブが残ったとき、ハープパン粉を作っておくと
 とっても便利!

ついに花が・・

定植から週間。。
茎はどんどんふとくなり、背丈も30cmを超えました



の形をした、黄色くて小さいも咲いていまーす。



45日後に真っ赤ミニトマトを収穫しますよ〜

定植!

定植準備でちょっと忙しくしていたので、
ブログを休んでいました。

その間の農作業は・・

定植前に、

収穫コンテナーを苗をのせる台として使うために、
キレイに洗って、ハウスの中に設置!



これが、今年定植する苗!



日間、ハウス内の環境に慣らしてから定植します。

今年初めて植える「cf小鈴」のセル苗



こっちは、酸味が少なく甘みが強い「あいこ」のセル苗



定植同日は、みっちと二人で時半から作業をスタート
一日目は、2棟分の「cf小鈴」を





二日目は、3等分の「アイコ」を定植しましたぁ〜



残ったセル苗は、予備用にポットに植え替えて
定植は無事終了しましたぁ〜



定植を終えてから、ミニトマト誘引するために
定植前にたてた支柱(イボ竹)の間に
本の支柱をたてていきます。



この日は、ほんとうに暑かった。。
支柱たて作業は、日で完了

今年もおいしいミニトマトが収穫できますように。。

定植4日前


18日定植に向けて、今日も定植準備作業でーす
みっちは、前日に立てたイボ竹の支柱をハウスのパイプに固定して



ワタクシは、親柱のソーライン張り個所にをつけました。
黒は、昨年の印で今年はです。



イボ竹の支柱にもをつけて、昨年つけた金具も今年の印に付け替えます。
本にの金具をつけていきまーす。




これが・・結構な数なのでゆびが

もう少しだけ農家が楽に作業できる資材があるといいなぁ〜
と思いながら、金具を付け替えていると

みっちは、さっさと次の作業に。。



潅水チューブで水を出して、異常がないかチェックしてましたぁ〜



そんなこんなで、午前中の作業はここで終わり

自宅に帰って
冷蔵庫からの代表格茄子のマリネを出して・・



このナスのマリネは多めに作って、常備しておくと
暑い日、気の利いた前菜が楽しめますよ〜

ちびとまとのオイル漬けと一緒にパンに挟んで

サンドイッチ
に すると
もう〜おいしくて





<< | 2/5PAGES | >>

宮崎の新米農家
ひろみがお届けする
おうちごはん&農業&
自然&田舎生活○^−^○

カレンダー

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>

最近のコメント

このサイトを検索

mobile

qrcode